心と体

2013年12月11日 (水)

被災地の今

12月3〜6日、岩手県釜石市と大槌町へ行ってきました。

仮設住宅、保育園、仮設商店街のお店で、音楽してきました。
今回はちょうと震災から1000日目の訪問になりました。
なんだかんだで9回目。
東北の、人々の心の変化と、景色の変化を、自分なりに感じています。
感じたことをいくつかご紹介します。
仮設住宅に住まわれている方々の話を聞いて
●感情の表出が、より豊かになった(泣いたり笑ったり)。明るく振る舞われる方が増えた。
 → 現生活に慣れたこと、コミュニティが形成されていること、震災という出来事への心の受容が進んでいること、などが感じられる。
●住宅問題を一番不安に感じられている。
 → 復興住宅の建設が遅れている。2年の約束で入居した仮設住宅にあと最低3年(合計6年)はいなければならないことが確定している方も。
遅れている理由
 ①復興住宅を建てる土地の選定が決まらない。(どこに街を作っていくのか、未だに行政と住民の合意がうまくいかない。本来街は、「産業があって便利な場所に人が集まって自然発生的に広がっていく」のに、「安全な(不便な、海から遠い)場所にみんなで集まって街を作ろう」、と、順番が逆になっているため)
 ②土地が決まっても地権者との交渉に時間がかかる。
 ③いざ建設!も、人と予算が足りない。(発注工事が入札しても落札されない。→でも、復興予算は4,5兆円も余っている!配分の仕方がよくなかったり、柔軟な運用がなされていないのでは。人の流れを変えることができていない。)
●東京オリンピック決定に対する想いも、様々な反応。
 →「復興住宅もできてないのに、オリンピック施設建設にお金も人も取られるんでねえか。」と不安がる方が多数。また「オリンピックが決まったから、開催までには被災地の完全復興を目指してもっと力を入れてくれるべ。」と期待される方も。
●いまだに続く葛藤。「海の見えない生活は嫌だ。海に戻りたい。」危険とわかっていても、強くふるさとの地を想う気持ち。
沿岸部の状況
●がれきの山や住宅の基礎もほとんどなくなり、浸水地域は枯れ草の野原のようになっている。
●以前の市街地は4〜5mの盛り土でかさ上げ処理がされ初めている。市街地に面した山が崩され、そこの土砂をトラックが砂煙を上げながら運んでいる。
 →あまり考えたくはないが、これ以上自然の地形を変化させて、どうなるのか。盛り土地域の液状化現象への不安や、再度の津波には耐えられるのか、多少の疑問も感じる。
●津波被災の象徴的な建物の解体が始まっている。
 →被災された方々のご意見は、やはり「見たくない。残したくない。」が多数でした。もちろん心に傷を負った方々の気持ちに配慮することは必要です。
ただ。人間は忘れやすい生き物です。たった3年も経たないうちに、日常の生活のことばかりが最優先され、がれきが整理されただけでも、津波が夢だったような感じになります。
原爆ドームは、残してた方がよかったでしょうか、取り壊していた方がよかったでしょうか。戦争を知らない僕らが今、原爆ドームを見ることによって、リアルにそれがあったことを感じ、いろんな想いを馳せることができ、気持ちを戒めることができることを考えたら、、、。
孫の代以降の世代のことを考えたら、みんな心をひとつにして、何か残す必要性も感じてしまうのです。
復興支援者の動き
●すこしずつ現地から離れていっている。
 → 震災から1年、2年を区切りにガクン、ガクンと減っているが。
現在2年9ヶ月。被災者の仮設での生活が落ち着き、すこしずつ現場を離れていっている。支援者の生活も新たな局面を迎えている時期なのかとも思われる。また音楽イベントを持ち込む支援者も減っている様子。
反面、被災者の心の支援は今が一番必要にも思う。
今回、音楽イベントが少なくなったいたからか、どの場所でも、今まで訪問した中で一番喜んでいただけたように感じた。
仮設住宅の方々の心の状態、受け入れ状態を感じて、「やっと音楽や文化での支援ができるタイミングが来た。」と感じる。
今後も数ヶ月に一度は行けるように、また次の機会までしっかり準備して、また報告したいと思います。
1451321_597149190321581_1775926863_
僕らの後ろの壁には「Alice」のサイン。今年この小さな談話室にもいらしてたみたいです。

| | コメント (2)

2010年7月27日 (火)

オフ

今日は夕方まで、とある曲のレコーディング。
集中してたら、時間なんて、あってないようなもんですね(^-^;

それから、久々ゆっくり癒しのオフでした!!
豊島園「庭の湯」
行ってきました~。

天然温泉に露天風呂にサウナにアロマ!!
最高に癒されたなあ。
サウナではイベント時間にちょうど当たりました。アロマサウナでローズマリーの香りがフワッと発ち込めて、最高の癒し空間。サウナを出てからも鼻腔にローズマリーの残り香があり、息を吐くたびにかすかな香りに癒されました。
売店には田舎の漬物や蜂蜜やかりんとう系が並んでいて、都内なのに完全に温泉宿に来た気分。

その後は気心知れた人たちとのまったり飲み。

極楽、極楽(o・ω・)ノ))

今日はめっちゃリラックスした!
また明日から、ライブの準備と、新曲創作に励むぞ~!!

アルバム発売記念ライブの告知は、次回!!

| | コメント (3)

2009年10月 1日 (木)

すみ

すみ。

とうとう見つからないまま…

よい、今どこでどうしよるな。

いつも語りかけよるおれの声は届いとるな?

心には鮮明に笑顔の見えるばってん、やっぱり、もう一度じかに笑顔ば見たかざい。

春以降のライブ、すみの姿ば思い出しながら、いつも弾きよるぞ。

子供たちにはお前の優しさと明るさと温かさばずっと伝えていくけんな。

すみがこのブログに残してくれた温かい言葉、おれの誇りばい。

ずっと残すけんな。絶対消させない。

人を気遣う優しさ、応援する心、励ます言葉、家族を思う心、友達を思う心…

たくさんのことを教えてもろたね。

すみ。本当にありがとう。

引き揚げ、捜索も終わって、あらためて気持ちにケジメばつけんばとは辛かよ…

感謝のみよ。

すみ。生まれてくれてありがとう。

すみ。出会ってくれてありがとう。

すみ。応援してくれてありがとう。

すみ。今でも笑顔で応援してくれてありがとう。

すみ!めっちゃ愛しとるぞ!

再会を楽しみに、ギターがんばるけんな!

この時期に、何度も地元に呼んでもらったのも、すみが何か力を貸してくれたんやろうと思っとる。

あさっての演奏も、すみ、聴きにきてよな。

どこでどうなっとっても、すみはずっとおれの心の中に生き続けるよ。

すみ。ありがとう。

| | コメント (2)

2009年8月20日 (木)

お盆で帰省しました。

竹馬の友と語らい、酔いちくれ、記憶をなくし。

海にもぐり、浄化され。

親友の墓前で、子供とふれあい、命のつながりを感じ。

精霊流し、故人に思いを馳せ、涙を流し。

恩師に薫陶を受け、大切なものをあらためて確認。

そんなお盆でした。

うちの島の初盆は、二段に供えた灯篭の火が消えるまで、何時間も墓前でお酒を飲んだり花火をしたりしてワイワイ楽しく過ごします。
お墓が灯篭で明々として、子供から老人までたくさんの人がいて、どんな家よりも、墓地が一番にぎわっている風景。

地元では当たり前のことなのですが、これは他の地域では見られないめずらしい光景ということで、びっくりされることによくびっくりしたもんです。

ご先祖様や故人にゆっくりと思いを馳せる時間。
こうした伝統はこれからも続いて欲しいなあ。

200908162300000_3
うちの前の海で。自然の恵みに感謝ですばい。

海底から水面越しのキラキラした太陽に向かって浮き上がる瞬間!
この美しさ、どんだけ~!
海の曲には、またたくさんの思いを込められそうです。

さ。
明日はくんちゃんライブ。
海の曲もやります。
焼酎片手にいろんな世界をまったりと想像してもらえるとうれしいです。
和気あいあいのお店です。
お時間ございます方、ぜひぜひお越しください。
よろしくお願いします。

★8月21日(金)
場所:『焼酎場ぁ~くんちゃん』
 中野区野方5-16-6地下(みつわ通り) ※西武新宿線「野方」 新宿より12分
電話:03-3310-5023
時間:20:00~  2ステージ(休憩30分)
料金:¥500
共演:ほりぶんじ

お待ちしてますhappy01

| | コメント (5)

2009年5月29日 (金)

故郷

地元帰ってきました。
覚悟はしてたけど…

想いは、
言葉にすると、軽い。
多くの言葉より、ひとつの行動が大事ですな。

自分のやるべきことがまたクリアになってきました。
やらなきゃいかんことがたくさんある。

最近は
悲しさとおかしさが同居する現実。
幸と不幸が同時に起こる現実。
経験してる。

青すぎる空は、なんでほろりとくるんだ?
死を見つめながら、食べるという生きるための行為をすると、涙が出てくるのはなぜ?
なんで?

あ、大丈夫です。
ときどき疑問に思うだけで
僕は、正常です。たぶん(笑)

Photo
海…。この海がなぁ…。

地球に生きとし生けるもの、地球から生まれて、地球に還る。
僕らの命も、
大きな木の幹からのびた枝先に咲く、さくらみたいなもんだと思う。
大きな幹はご先祖様。
生かされた命。
我がだけのものではない。
夢のように過ぎていく現実、精いっぱい咲き誇らなきゃならんです。

| | コメント (5)

2009年5月 1日 (金)

人として

先日の「焼酎BARくんちゃん」でのライブ、一緒に楽しんでいただいたお客さま、どうもありがとうございました。
お店、店長さん、お客さん、みなさんのあたたかいパワーでいい場ができておりまして、5周年祝福ライブとしていい感じでできました。
今後もお世話になります。よろしくお願いいたします。

話は変わりまして。
ここのところ、いろいろ考えたり、思い出したり、想像したり…
思考して、感じております。

今日は、最近思い出したり、感じたりすることをつづってみようかな…。

誰にでも、目標であり、師匠であり、恩人であり、偉大な人っていると思います。
僕にとってその人は、父の友人であり、空手の師匠であり、人生の師匠であり、恩師です。
その人の口癖は
「人としてどうなのか。」

この言葉。
僕が小さい頃、もう20年以上前から「物はあふれている。でも、心は置き去りにされているんじゃないか。人としてどうなのか。」と、くり返し僕に説法してくれてました。おかげで、僕は比較的、お金、地位、名声にとらわれることなく、まず第一に自分なりに「人としてどうなのか。」を考えるようになり、未熟なりにも、なんとか大きく道を踏み外さずに今まで歩んでこれたのかな、と思っています。

まだ子供のとき父が急逝して、心身打ちのめされました。全く実感湧かないまま、夜は涙で枕を濡らし、数年経ってやっと実感が湧いてきました。ちょうどその頃に恩師が言ってくれた一言は、今でも僕の心を深く貫いています。
「父さんは死んでない。あなたの心に生きている。自分で分かるでしょう、感じるでしょう。あなたが生きていることが、父さんが生きている証。父さんのメッセージを感じて、死ぬまで活きて生きて生き抜け!!」
この時の言葉は力強く、心に直接響き、身体に沁みこみました。
「自分の人生は、自分ひとりの人生ではない。自分に想いを託してくれた人の人生でもあるんだ。」
と教えてくれました。
この言葉は、今も僕の芯となって、強く強く自分を支えてくれています。

地元での海難事故があって、2週間経ちました。
ご家族や関係者の方々のご心痛、心身の疲労はいかばかりかと心を痛めます。
もちろん希望を捨ててはいけません。
ですが、悲しみに打ちひしがれて過ごすだけではなく、同時に、同志で協力し合って、強く前向きに生きていく姿勢というものを忘れずにいてほしい。
そういうことを思ったり、考えたり…
心の中の親友と話して、逆に勇気づけてもらったり…。
親友と物理的に面と向かって声を出して話ができなくなったとしても、親友を失ったとは思いません。
逆に、いつでも心の中で相談できる、あたたかくて強い味方を身につけた。
そういうことだと思うのです。

あかの他人に何が分かる。と言われればそれまでかもしれません。でも僕なりに親友に対する愛情があり、彼の言葉が聞こえるのです。

何にもできないけど、ご家族の方のご心痛をいくらかでも共有できて、この大変な時期を一緒に乗り越えていけたら、と思っています。

| | コメント (5)

2008年7月19日 (土)

月星YOGA

念願のYOGAに行ってきました。
詩的な体験だったので、体言止めで(笑)

満月の夜、芝生の上。

ATOM YOGA 人格者のアトムさん。
繰り返される感謝の言葉と、人のいい部分を見つけて褒める視点。

雲の合間から出てくる満月。
土のかおり。
時折、心地よい風。
気づけば、虫の音。
芝生の上で大地に融け、瞑想。
緊張と弛緩を繰り返し、次第に整っていく体と呼吸。

月の引力に引き寄せられて集まった人達はみな、やさしくてすてきな方ばかりでした。
最高に気持ちよかったです。
心と体のケアですね。
YOGAはこれからも続けて自分のものにするつもりです。
音楽にもきっといい影響があると思うので。

ATOM YOGA 〔アトムヨガ〕
http://atomyoga.hp.infoseek.co.jp/

さて、8月のライブも近くなってきました。
精一杯やりますので、お時間作って見に来てくださいね!

| | コメント (5)

2008年7月 8日 (火)

こころ

3年前、会社を退職したことで社会的ステータスや安定した収入やその他もろもろ手放しましたが、その代わりに手に入れたのは、音楽と向き合う時間、素の自分と向き合う時間です。

今は一日の出来事を振り返って、自分のこころの動きを省みることができる時間的なゆとりもある。内省できるようになったのは、会社を辞めてから。たいした内省はできないけど、してなかった頃より全然ましで、自分の課題がたくさん見えてくるし、どうしたらいいか改善策も考えることができる。

会社勤めの時には毎日を濁流に押し流されるように生活していたように思う。日々のストレスをお酒や遊びで発散して…。それももちろん必要なことだけど、日々のストレスの根本にある自分のこころのあり方や物事の捉え方、性格、自分そのものを見つめる時間もなかった。考える気力も残ってなかったな…。

大切な友達が僕が知らない長い間苦しんでいたことを知って、僕も似たような経験をしていたわけで、そんなことを考えたり思い出したりしました。
精神的健康が簡単に崩されそうになる現代。社会は利潤追求、効率化の中でどれだけ人を大事にできるのか。その体制の中で闘っている人たちはどれだけ周りを、自分を大事にできるのか。どれだけ内省の時間をもてるのか。

昨夜7月7日は天の川が見えるように全国でライトダウンのイベントがあっていましたね。ろうそくの灯火なんかもあって素敵なイベントでしたね。
時には自分の部屋で、ろうそくの灯でゆったりと自分を見つめる時間もあっていいと思います。
地球が悲鳴をあげ、物質経済至上主義の限界が見えはじめて、時代の転換期にさしかかっていますが、これを期に地球にもこころにもやさしい時間を持てるような社会システムに向かってほしいですね。

友達には、元気になってもらいたいですね。
アロマキャンドルをプレゼントかな。

| | コメント (0)