« A Step to Smile | トップページ | 潜龍酒造 酒蔵ライブ »

2015年3月12日 (木)

学び

3月11日は、昨年に続き、神社にて黙祷しました。

今年も、震災発生時刻には自然と人が集まってきて、数十名の方々と一緒に黙祷しました。

日本中で、約束した訳でもない、知らない人同士が、同じ時間に、同じ人達を想って、祈る。

人の祈る姿は美しいし、祈りは届くと思っています。
悲劇が起こらなくても、こうしたひと時が作れたらいいな、と思いました。

東日本大震災で覆された価値観、見直された普遍の価値観、いろいろあると思います。
自然の脅威、原発の危険性、物流危機や復興の遅延など人間社会システムの脆弱性。。。

当たり前と錯覚していたものが、当たり前でないと気づかされ、少しばかり真理に気づけたかもしれません。
自然に抗わず自然と調和して生きていくこと、人を助けられるのは人であること、生きていくために必要なものは実は多くないこと。。。

東日本大震災はことの始まりで、これからも今までの価値観を覆すできごとが続くと思っています。
昨今の政治には希望を見いだせない、混沌とした時代に突入してしまった、と感じる人はたくさんいると思います。

だからこそ、自然災害にも政治にも流されない自分の哲学が必要な時代だと思います。

大きく語るは簡単、小さな実践が難しい。

震災や被災地の方々の言葉に気づかせてもらったことを、もう一度自分の中で整理しています。

生きていくために本当に必要なものを整理し、自分の身の周りからできることを実行し、不便に楽しみを見いだし、足るを知る、シンプルな生活に帰ろう。

震災から5年目に突入した今の気持ちを綴ってみました。

|

« A Step to Smile | トップページ | 潜龍酒造 酒蔵ライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A Step to Smile | トップページ | 潜龍酒造 酒蔵ライブ »