« ヨリミチカフェライブ報告と7月くんちゃん | トップページ | 小諸高原美術館  海野和男写真展コンサート »

2014年7月21日 (月)

海野和男さんの写真展

19日のくんちゃんライブは、たくさんの方に来ていただいて、楽しい時間を過ごせて、本当ありがたかったです。

あらためて、ありがとうございました♪

ライブ会場に持ち込んだベランダ菜園のミニトマトさんは、なんと「へた付き」のまま天ぷらに♪新鮮だとへたも食べられるらしく、甘みが増して、おいしゅうございました☆ゴーヤさんはおひたしで。写真撮り忘れた(ノД`)

野菜も音楽も「自分が作った」、とも、言えるかもしれませんが。
いえいえ実は、野菜も音楽も、「いい種(素材)をどう育てるか。どう成長のお手伝いできるか。」だなあ。と思いますです。

たくさん出てくるメロディ(野菜のツルやわき芽)をどう整理、整枝してあげるといい曲(果実)が育ちやすいかな?土作りは、基礎練習かな?なんて感じで、何事もコツは同じように思ったりしてます(笑)
あんまり話すと、真辺はどこに向かっているんだろう?と心配されますので、このあたりで(笑)
とにかく、楽しいおいしい時間をありがとうございました〜♪

Dsc_3580
雨後、みずみずしい。ゲリラ豪雨の翌日は、水分の吸い過ぎで実割れしていることがあります。

Dsc_3591
へた付き天ぷらは、本当に美味でした。

18日は、アルバム「詩」のジャケットに写真を使わせていただきました海野和男さんの写真展オープニングパーティに行ってきました。

会場のオリンパスギャラリーにはゆうに100名を越える方々がいらしていて、みんな温かい方ばかりで、海野さんのユーモア交えるトークも冴え渡って、笑いに包まれた会場でした。周りに集まる方が素敵な方ばかりで、海野さんのお人柄を、そのまま表しているようでした。
8月10日の小諸高原美術館でのコンサートの宣伝をさせていただいて、写真をゆっくり見て回りました。

当然と言えば当然なのですが、写真も大きなものを見ると、やはり違います!!
本当にどの写真も躍動感や空気感がハンパ無い!!

秋のタテハ蝶の写真の前では、空気が涼しく感じました(笑)擬態やアップの写真では、細やかで繊細な細胞まで捉えられているようで、自然や神の偉大さまで感じさせられるものがありました。
雄大な自然と繊細で精緻な昆虫の美しさを同時に表している写真ばかりです。
海野さんの写真を見れば見る程、今の人間は生き方を変えて、生物が共存できる元の環境を取り戻していかなければ、と思わずにはいられません。

『毎日更新15年「小諸日記」Since1999』写真展は、東京では7月17〜30日、大阪では8月18〜28日まで、オリンパスギャラリーで開催されておりますので、ぜひ、足をお運びください。
昆虫の視点で、迫力の大自然を感じられること請け合いです!!

Photo_2


また8月10日に小諸高原美術館でコンサートをさせていただく写真展はまた別で、こちらもお知らせいたします。『海野和男写真展 COLLABORATION「昆虫フォトモ」糸崎公朗』

601webpdf

最後に友人がアルバム「詩」のイメージビデオを作ってくれました。本当に素敵なイメージをつけていただいて、素敵なものになっておりますので、紹介させていただきます。作成していただいた野田さん、ありがとうございました♪

YOUTUBEサイトはこちら。

次回から、海野和男さんの昆虫の動画に使っていただいた曲がたくさんありますので、昆虫の動画を紹介してきたいと思います♪

●8月10日(日)
 小諸高原美術館
 海野和男氏写真展コンサート
【場所】小諸高原美術館/白鳥映雪館
 長野県小諸市大字菱平2805-1
【問合】090-5086-4085(真辺)
【時間】14:00~ (休憩あり)
【料金】¥1000(別途入館料¥500)

E99b84e4b880e9838ee5b08fe8abb80619

|

« ヨリミチカフェライブ報告と7月くんちゃん | トップページ | 小諸高原美術館  海野和男写真展コンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨリミチカフェライブ報告と7月くんちゃん | トップページ | 小諸高原美術館  海野和男写真展コンサート »