« 7月くんちゃんライブ、と、ぼちぼち収穫 | トップページ | ニューアルバムの進捗 »

2013年7月15日 (月)

父親輪舞曲(ちちおやロンド)

今月のくんちゃんライブも温かい雰囲気の中、無事に終わりました。
楽しい時間でした。
おいでいただきましたみなさま、ありがとうございました。

先日、とある映画に、自分が演奏した「the water is wide」という曲を使っていただけるようになり、提供させていただきました。

その作品が、公開になります。

日本ではまだ未開拓分野の「日本オリジナルのミュージカル映画」。これに先取の精神を持って手がけている新進気鋭の監督、角川裕明監督作品です。

オムニバス映画『埼玉家族』の中でのミュージカル『父親輪舞曲(ちちおやロンド)』。

『家族』をテーマに、4監督がそれぞれの視点で作品を制作し、4作品が合わさって、ひとつの作品『埼玉家族』となっています。

埼玉県×松竹さんの製作、ホリプロさんの協力という素晴らしい体制の中で制作されたそうです。

試写会を一足先に見てきたんですが、本当よかったですよー!

超手前味噌ながら、自分演奏の曲をバックに鶴見さんが熱演されている映像を観た時、ウルッとしてしまいました(笑)

入場無料で、舞台挨拶などもあるそうなので、ぜひ足をお運びください。

以下、詳細です。
________________________________________________

  埼玉県×松竹 劇場公開用
  オムニバス映画『埼玉家族』

 ▼ 娘編『ハカバノート』
   主演:森田涼花 / 監督:福山功起

 ▼ 母親編『キャンディ』 
   主演:伊藤かずえ / 監督:加瀬聡

 ▼ 父親編『ミュージカル 父親輪舞曲(ちちおやロンド)』 
   主演:鶴見辰吾 / 監督:角川裕明

 ▼ 息子編『ライフワーク』 
     主演:大野拓朗 / 監督:完山京洪

________________________________________________

 埼玉県×松竹㈱共同製作
 若手映像クリエイター支援作品
 オムニバス映画『埼玉家族』上映&舞台挨拶

  ○日 時:2013年7月18日(木)
       14:00開映(13:40開場)

  ○会 場:SKIPシティ 映像ホール
      (彩の国ビジュアルプラザ4F)

  ○入場料:無料(当日先着順)

  ○内 容:・本編上映
       ・舞台挨拶&フォトセッション
        < 鶴見辰吾 伊藤かずえ 大野拓朗 森田涼花
        角川裕明 加瀬聡 完山京洪 福山功起 >

  ○詳 細:▼ http://www.skipcity.jp/event/vm/
       ▼ http://www.pref.saitama.lg.jp/news/page/

________________________________________________

『埼玉家族』父親編
『ミュージカル 父親輪舞曲(ちちおやロンド)』 

▼【 キャスト 】

 鶴見辰吾
 水崎綾女
 大石吾朗

 尾崎龍士郎
 つるにしこうき
 藍川ゆとり
 小野田唯
 武田信人

< as 豆柴コリーZ >
 SINGO (Vo)
 菅谷真理恵 (Vo)
 望月優 (G)
 杉本考隆 (B)
 髭白健 (Dr)
 大隅一菜 (Key)
 澤田和宏 (Tr)

 瀬水洋一
 石井明
 保田さない
 伊藤利与

 松本真
 浅沼直也
 瀧尻智

▼【 スタッフ 】

 <脚本>   中井ゆりこ
 <撮影>   平野晋吾
 <撮影助手> 大川和徳
 <照明>   小川大介
 <照明助手> 大田佳代
 <録音>   宋晋瑞
 <美術>   森田博之
 <衣装>   福井天馬
 <メイク>  須見有樹子
 <スチール> 三橋優美子
 <制作進行> 吹上一樹
        尾崎龍士郎
        松本真
 <演出助手> 小野田唯
 <助監督>  伊藤拓也

 <ラインプロデューサー> 浅沼直也
 <音楽・撮影・編集>   北森正樹
 <原案・音楽・監督>   角川裕明

 <制作>  Japanese Musical Cinema
       Altan Cinemas

▼【 協 力 】

 <撮影協力>
  川口Live Space CAVALLINO
  新宿Cat’s hole
  株式会社クロスロードミュージック
  埼玉県産業労働部 商業・サービス産業支援課
  ファーマーズ ギターアンサンブル
  ギターアンサンブル フレット
  劇団祭りの準備

 <音楽・レコーディング協力>
  ライブハウス 新宿グラムシュタイン
  ヤマハ株式会社
  真辺雄一郎(ギター)
  河辺靖仁(バイオリン)
  塩谷翔(ピアノ)
  浦壁多恵(仮歌)
  SINGO(エンジニア)

 <美術協力>
  三浦珠泉

 <機材協力>
  Y.D.S
  ヴォストーク
  日本照明

角川監督は、ミュージカル俳優でもあり、歌手でもあります。日本におけるミュージカル映画の定着を願い、作品を作り続けています。

4作品全体としてもいい映画でしたし、ミュージカル作品の『父親輪舞曲』  、とてもクオリティが高く、音楽も内容も楽しめる作品ですので、ぜひご覧になられてください。
よろしくお願いします♪

|

« 7月くんちゃんライブ、と、ぼちぼち収穫 | トップページ | ニューアルバムの進捗 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 真辺さんの曲が映画で使われる事とても嬉しいです。このThe water is wide.は2回お聴きしていますが映画の画像と重なった時、どんな感じになるのか画像見るのが楽しみです。
試写会行かれず落胆していましたが秋に公開されるとお知らせ頂き、喜んでいます。ライブは勿論、ミーュージカル、映画と幅広い分野で真辺さんの曲が聴けると嬉しいですね。

投稿: タッチ | 2013年7月20日 (土) 15:38

☆タッチさん
応援ありがとうございます♪
本当にありがたいご縁で映画に使っていただきました。
いろいろな現場で音楽でお役に立てるように、まずは目の前のことをひとつひとつクリアしていきたいです。
ニューアルバムも8割仕上がりました!
お楽しみにされててください!

投稿: 学べえ | 2013年7月27日 (土) 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月くんちゃんライブ、と、ぼちぼち収穫 | トップページ | ニューアルバムの進捗 »