« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月20日 (土)

ライブや報告やら

ここ数日、風邪をこじらせ、寝込みました。。。
ランニングしたら、一発で発熱!
演奏や旅の疲れが残ってたかな。。
最近体調崩すことが増えてるので、自分の歳も考えて、日ごろの過ごし方を再考せねばです。

そう、4月初めのお台場でのカクテルイベントやくんちゃんライブの報告をしてませんでしたね。京都でのちょっとしたお話も書きたいと思います。

サントリーカクテルイベントの6日は、爆弾低気圧の予報。
でも雨風がひどくなったのは深夜近くで、幸いでした。大荒れの予報にも関わらず、たくさんの方々がお台場までいらしてくれました。
「春夏秋冬の四季それぞれのカクテルごとに、和装したバーテンダーとパフォーマーが四季を表現しながらその場でカクテルを作り上げる。その後カクテルはお客様に振舞われ、お気に入りの季節カクテルに投票する」といったイベントでした。サントリーからの豪華商品も抽選で当たったり、と、目にも耳にも口にも、全部おいしいイベントだったように思います。記事にもなってるみたいです。
お台場四季カクテル」と妖艶な和が織りなすお台場の春祭り

打ち上げではお台場のホテル最上階で夜景を見ながら(この日は結構な雨!)サントリーの「白州」「山崎」などをベースにしたハイボールを飲み。。。プライベートではなかなかできない素敵空間を味合わせていただきました。ラッキー! 招いていただいた方とギターに感謝です♪
イベントはとても好評だったようで、また次なるイベントが検討されているようです。お酒好きな方はぜひ!!

522042_370250413094448_2119929989_n

149484_564948640204854_1176203845_n

翌7日のくんちゃんライブは、紅しだれコンサートモードになりすぎて、ちょっと工夫が足りなかったかな。。反省しつつも、温かいお客様にたくさんの応援をいただいて、京都へ向かうことができました。ありがとうございました。

その後、京都へ向かう途中、サントリー「山崎」の蒸留所が見えて、サントリーイベントに出たばかりだったので、かなりテンションあがりました。

紅しだれコンサートの日は寒波襲来の予報(笑)
前日からバッチリ寒く、準備してきた衣装が寒すぎることがわかったので、事前に冬物を購入!季節が過ぎて安くなってたからラッキーでした(笑)当日はソックスも2枚履いて、臨んだんですよ。それでも手足の指の感覚はなくなるくらいでしたが、こんな経験もまた貴重でした。これから東北でもっと寒い中で演奏することもあるかもしれませんし、いろいろ前向きにとらえていきたいですね。
あの舞台上からの景色は、あれから何度か夢にも出てきます。それくらい美しい景色でした。

コンサート翌日は、銀閣~哲学の道~南禅寺~平安神宮。と、ゆっくり散歩し、神様にもろもろのお礼をしました。

その日は関西の友人宅にお世話になったのですが、早朝から警報の音で飛び起きました。東京でもたくさん揺れてるのに、関西に来てまで揺れないでよー!と、ちょっといじけそうになりましたが。これも「備えよ」とのメッセージかもしれません。

最近また揺れが増えてますよね。
これからは自然災害も社会の事件も国際問題も、何事も人事にせず、用心、備えておきましょうね。

さて、次のイベントは「Go Go Fires 4th Live」にゲスト出演させていただきます。2回公演です。公演は2部構成なんですが、1部は歌や遊びを織り交ぜた不思議な表現。2部は懐かしい歌と音楽を取り入れたライブです。
なんか、昔の記憶のかけらが降ってきて、それをひとつひとつ拾うような。そんな内容だと思います。
音楽の授業で歌った曲なんか、今聴くと、なんとも言えない感覚になりますよ!
お時間あらば、足をお運びください。

★4月23日(火)
「カラダあそび コトバあそび ウタあそび」
【場所】 絵空箱
 新宿区山吹町361 誠志堂ビル1F
【時間】1st:15時~
     2nd:19時30分~
※開場は開演の30分前です
【料金】3500円(1drink付)
【出演】荒井典子・木村晶子・高田たみ子・松橋京子・秋山桃花(ピアノ)・今泉由香・真辺雄一郎(ゲスト)
O0800054512457754101

| | コメント (2)

2013年4月15日 (月)

感謝です。

平安神宮紅しだれコンサート2013。無事に終えました
ありがとうございました。

京都市内の桜は散っている中、神苑の紅しだれは、待っていてくれました(涙)
当日は寒波が来ており、その日の最低気温3度という、僕の演奏経験では最低気温の中での演奏でした。平安神宮の神様から、いい試練をいただきました。事前にタートルネックやホッカイロを買って冬装備で臨みました。寒さで指の感覚が無くなっていき、もう自分の手ではないような感覚の中、音をコントロールするのは大変でした。でも、自分の手ではないような、感覚のないその手が動いている。

そんな環境だったから気付けたこと。
見えない存在の力、応援していただいてる方々からの力、オーディエンスからの力、準備してくださった方々の力、伝統建築の力、自然(桜、池、鳥、光、空気…)の力。

たくさんの存在、人々に力をいただきながら、演奏できていること。

そんな当たり前の大切なことに気付くことができました。
九州、四国、関西、関東、、いろんなところから知人友人が駆けつけてくれました。
天国の存在も地元や東北からきてくれた。一緒にいることを舞台上で感じました。

これからも、舞台の大きい小さいに関わらず、ご縁あっていただけた機会を、ひとつひとつ気持ちをこめて演奏していきたいと思います。

本当に「おかげさま」の言葉が沁みます。
応援いただいたみなさま、京都で出会えたみなさま、ありがとうございました。

さ!次に向かって、また進むぞー!

PS ちょうど地震に逢いましたが、無事でした。みなさま、くれぐれも備えだけはしておきましょうね~!

2013041120260002_4    

| | コメント (4)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »