« パフォーマンス朗読公演 | トップページ | 九州へ! »

2012年2月24日 (金)

春遠からじ

朗読公演、感謝感謝のうちに、無事終了しました。

ありがとうございました♪

打ち上げ翌日はさっそくモダンダンスリハーサルで、横浜国立大学へ。自然豊かで広々としたキャンパスは、通るたび己の大学時代を思い出し、若々しい気分にさせてくれます。あと何回か行くチャンスがありますので、大学生になりきって学食で食べてみたいなあ、と思ってます(笑)
サークル棟から漏れ聞こえてくるバンドサウンド。これもまた僕の胸キュンポイントで、青春が詰まった情景なんです。

あー、おれも年取ったなあー(笑)

昨日は、雨のち晴れの日でした。
雨のち晴れ。
一番好きな日。
そんな日って、案外少ないですよね。
雨が空気中の汚れを取ってくれて、木と空の境界や、自然の色彩が、「パキッ!!」としてますよね。

ジョギングしながら、植物を見て、考える。

樹木は、命ある限り成長し続けて、枝葉を空いっぱいに広げ続ける。
草は、命ある限り、大地に広がり続ける。
人間がまとっている「肉体」にはできない理想を見せてくれてるような気がします。
また、命ある限り成長していく人間の「目には見えない成長」を見せてくれているような気もします。

人間は、自分の肉体が成長する成長期までは自分の成長を自覚しやすいですが、成長期を過ぎると、成長の証を内部に求めるようになります。それは「精神性」なんていう言葉で表されるのでしょうか。
命ある限り成長し続けるのは、内なる目に見えない精神性。

植物・樹木の永続的な成長が、精神性の永続的な成長と同じことを具現化してくれていると考えると、老木を「ご神木」と敬う気持ちはもっともだし、季節ごとに新芽を出したり、生い茂ったり、実をつけたり、葉を落としたりしながら成長していく様は、輪廻転生の意味を見せてくれているのではないか、とさえ思えてくるのです。

完全に妄想モードですが、あまり書くと「この人、相当ヒマ人なんだな~。」と思われそうなので、これくらいにしておきます(笑)

今日からは3月のライブや結婚式での演奏内容を詰めていきます。
また、春ならではの楽しいアレンジを考えたりしておりますので、3月のくんちゃんライブ、長崎でのチャリティイベント、天孫降臨の地・高千穂でのライブなど、お楽しみに!です!

3月3日(土
 くんちゃんライブ
【共演】今泉由香
【場所】焼酎場ぁ~くんちゃん
 中野区野方5-16-6地下(みつわ通り)
【電話】03-3310-5023
【時間】20:00~ 2ステージ
【料金】\1000

Hanamizuki
ハナミズキがつぼんでいます。空一杯に広がる準備中です。

Ume
梅が咲いてました。辺りには香りが漂って、春を感じました。
みなさんも身近な春を探しに行ってみてください~♪

|

« パフォーマンス朗読公演 | トップページ | 九州へ! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パフォーマンス朗読公演 | トップページ | 九州へ! »