« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

今年を振り返り

年末九州ツアー、無事に終わりました。
長崎、福岡、熊本でお世話になりましたみなさま、本当にありがとうございました。

各地で集まっていただいた方々の顔を見て、話をして、こげな自分を以前と変わらず応援していただいていることを感じ、ただ、ただ、感謝でした。
心より、ありがとうございます!!!

カフェ、アトリエ、幼稚園、児童養護施設、児童自立支援施設… 
ボランティア活動も織り交ぜながら、いろんな場所で演奏させていただきました。

また今回、東北ツアーからの流れで、歌い手の今泉さんに協力していただき、最近東京や東北でやっている活動をそのままに近い形で見ていただきました。
クリスマス前ということで、こども向けの曲も多く取り入れましたが、楽しんでいただけましたでしょうか。

児童施設ではたくさんのこどもの笑顔に癒され元気づけられ、「こどもの唄」の作曲由来を再度自分の中で味わう、いい経験となりました。

また各地で東北の現状や見聞きしたことを話させていただきましたが、九州のみなさまは僕が思っていた以上に東北の事を心配されたり、自分にできることを実行されていることを知り、「人の温かさ」「日本はひとつ」ということを、しっかり自分自身の経験として、実感することができました。

この実感を得られたことは、自分の中でものすごく重要なことだったと思います。

ここからは今年の振り返りになります。

今年は誰にとっても大変な年でした。
3月の震災。物流がストップして、東京ではモノ・ガソリンがなくなり、節電生活になりました。僕も友人からトイレットペーパーを分けてもらったり、必要なものはあるかどうか声を掛け合いながら友人のありがたみを再認識しました。

居ても立ってもいられない中、5月、瓦礫撤去に出かけ、そして、言葉を失いました。何も考えずに動いたけど、たくさんの出会いと経験と感動がありました。チャリティコンサートで知り合った岩手県出身のミュージシャンを訪ね、状況が落ち着いてからの音楽活動の方法を話し合いました。
それから仲間と一緒に8、11、12月と音楽で東北で活動する機会に恵まれ、どんどん整理されて復旧に向かう被災地を見て、人を見てきました。

自然の力を思い知らされ、人の力を知りました。

そして震災は、音楽の役割についても突き詰めて考えるきっかけとなりました。

実は、告白しますが、瓦礫撤去から帰ってきた時、正直、音楽辞めようかと思うくらいの精神的な危機がやってきました。

音楽は、時・場所・目的を選ぶものであることを知り、時期が来れば必要とされるすばらしいものであることも知りました。

東北でのお年を召された方に対する活動、九州でのこどもに対する活動を通して、音楽の力ってすごいな。と改めて実感しましたし、形にとらわれないことを学んだような気がします。
ギターに歌が加わるだけで、表現の世界がぐっと広がります。
自分はソロギタリストとして活動している一面はありますが、時・場所・目的に因って、聴いていただける方の満足を一番に優先して、形にとらわれることなく仲間と一緒に活動したいという思いになりました。

今年、自分の肌で実感した「人の温かさ」「日本はひとつ」の気持ちを忘れずに、人に寄り添える音楽を目指して、来年も自分なりにできることをやっていきたいと思います。

今年は本当に大切な一年となりました。

お世話になりましたみなさま、心よりありがとうございました。

111224_143002
阿蘇の自然。心のふるさとライブat阿蘇ほおずき。今年の締めでした。

| | コメント (6)

2011年12月15日 (木)

東北の話、そして九州へ!

今回の東北は、寒かったー。
「もすこししたら、こんなもんでねえぞぉ。」って笑われましたが。
気仙沼と陸前高田にお世話になりました。

気仙沼では仮説住宅の集会所、そして元避難所で現在ボランティアの方の活動拠点となっている紫会館で活動しました。宿泊はホテル望洋。このホテルもまた避難所となっていたところで、最近一般のお客を受け入れるようになったホテルです。(今現在気仙沼のホテルや旅館はインフラ復旧のための大工さんや電気工事業者さんが長期で借り切っている状況で、どの宿も満室でした。よかことですね。)
そんなホテルでチェックインして渡された鍵は「311」。
…考えすぎかもしれませんが、鳥肌が立ちました。
フロントの方も「ええ、単なる偶然で私もそんなこと考えもしませんでした(笑)」と。

気仙沼の沿岸部ですが、仮設商店街が開店していたり、新たに作られていたり、漁船が戻ってきて魚市場も再会していて、街の復旧は進んでいますが、まだまだ一部です。

これは、いくつもの被災地を見てきて強く思ったことですが。
同じ被災地でも違いがある。
人が戻ってこられる建物や拠点がまだ残っている地域は、そうした復旧から復興への段階に進み始めている。
ただ、人が戻ってこられる建物や拠点が何も残っていない地域。復旧もいまだにままならない。人が帰ってくるきっかけがあるのか…。9ヶ月経った今でも、広大な土地の真ん中に立って言葉を失ってしまうような、そんな地域もあるんです。

陸前高田は3回目ですが、言葉にならない地域です。
胸が締め付けられる。
今眺めれば静かな海。その静かな海が、たったあの1日の数時間だけ押し寄せて、大切な人や思い出の街を持っていった。そしてまた静かな海に戻った。

訳がわからなくなるんです。
あの地震は、地球は、何を人間に伝えたかったのか。
頭ではわからなくても、広大な土地に立ってると、同時にいろんなことを感じさせられました。
ライブの時にでも、少しずつ伝えていけたらいいな、と思います。

また今回、一緒に行った仲間や自分が以前瓦礫を拾った家の方と再会しました。
それはそれはお互い大感動の再会で、抱き合いながらいろんなお話をしてきました。
僕が行った高田の家の方は、支援物資が少なく飲料水や食糧確保も充分でなかった5月にボランティアの人たち20人にバナナやペットボトルの水をくれた方でした(何にもなくて…でも気がすまないからどうしても!うけとって!と)。そのときのお礼も伝えることができて、また元気なおばちゃんの顔が見られてよかったな。
仲間が行った気仙沼のお菓子屋さんは、亡くなられた娘さんの話やお孫さんを娘さん代わりにがんばって育てられている話をしてくれました。

たくさんの学びと出会いと感動をもらったツアーでした。

今回、初めて被災地の写真を自分で撮りました。

111213_095750
復旧が進む気仙沼市街。かどっこ。次の活動ばしょになるかも?

111213_114845
気仙沼鹿折地区。「震災の象徴に。」行政が打ち出した船を残す方向性に地域住民は反対。地域住民の意思を尊重するのが筋でしょうね。

111213_115106
気仙沼同地区。

111213_121841
陸前高田の一本松。

111213_122113
地盤沈下で内陸が海に。
高田の広大な何もない市街地は、やはり撮ることができませんでした。

111213_122403
どうせ撮るなら、希望です。報道の通り、確かに茶色に枯れてはいましたが、凛々しい立派な立ち姿でした。

111213_122927
そして接木された希望は、しっかりまた育っています。

さ!
たくさんの想いを胸に九州行ってきます!

★12月17日(土)
長崎ライブ
【場所】長崎駅前『カフェ茶蘭花』
 長崎市五島町1-23
【電話】095-821-1646
【時間】18:00~
【料金】\3000(ドリンク、食事付)
※ご予約は、お名前・人数をこちらまで メール送信お願いします。

★12月20日(火)
福岡ライブ「冬の音景」
【出演】zerokichi / 真辺雄一郎
【場所】『アトリエ穂音』
 福岡市博多区上川端9-35 冷泉荘A31
【電話】070-5534-1114(比佐)
【時間】19:30開場
【料金】\2000(ドリンク付)
※ご予約は、お名前・人数をこちらまでメール送信お願いします。

★12月23日(金・祝)
熊本阿蘇ライブ「冬のほおずき」
【場所】『そば処ほおずき』
 熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3890-3
【電話】0967-62-8140
【時間】18:00~
【料金】\2000
※ご予約は、こちらのHPよりお申し込みください。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

月食

今月のくんちゃんライブは、多くのお客様においでいただき、にぎやかに楽しく過ごすことができまして、感謝感謝でした。
すてきな一年の締めくくりとなりました。
心よりありがとうございました。

さて。
今夜は月食でした。
写真に撮っても、その美しさは表現できるものではありませんね。
カシャッとやっても、無駄でした(笑)

自然の神秘。
頭上の月をあんぐり眺めながら、自分の足元のずっと下に太陽があるのか、と思うと、なんか訳がわからなくなるというか、自然の摂理に神を感じるというか…。

夜空ほど自然の神秘を感じさせてくれるものはないように思います。
真っ暗な夜空。
でも、大気圏を突き抜けて真空の宇宙空間に飛び出せば、空は星で敷き詰められていて、地球もその星のほんの1点に満たないほどの小さな星。

質量の観点から言えば、その星に住む小さな人間はちっぽけな存在です。
だけど、このとんでもなく広大な宇宙を想像できる。
想像した瞬間に、宇宙の大きさと、その人間の想像力は等しくなる。
だとしたら、やっぱり人間はちっぽけな存在ではないんですね。
今、地球という星を壊してしまうくらいの力を持って、経済資本主義というシステムの中でその力をコントロールする能力を失いかけている人間。

今年は、自然の力と、人間の力を感じました。
ちっぽけでない能力を持った人間が、地球と仲良くやっていけないはずはない、と思いたいですね。

酔ってます(笑)
だからこそ、こんなことも書けるのですが…。
こんなちっぽけな人間がでっかいこと書いてるようです(笑)

でも、ひとりひとりが後世に残したい環境を考えて行動すれば、それはそれは大きな力となるんだろうと思います。

宇宙に敷きつめられた星のひとつがなくなる。
傍から見ればなんともないことがもしれない。
でも、それが地球だったら…。

今宵の月食を見ながら、ちっぽけな一人間が、でっかいことを考えて、机上の空論をここに書いてしまいましたことを、お許しください。。。

明日から東北!
帰ってきて、すぐに九州ライブです!!
年の瀬のお忙しい時期ではありますが、心をこめて演奏させていただきますので、どうぞおこしくださいませ。

| | コメント (4)

2011年12月 2日 (金)

12月のライブ

うお~。さむか~。
急に寒くなりましたね~。
どうか体調崩されぬよう、お過ごしくださいね!

さて、12月のライブ予定です。
師走のお忙しい中ですが、ありがたいことに九州でも演奏できるようになりましたので、是非忘年会気分で、音楽を聴きに来ていただけるとうれしいです。(福岡ではもう1ヶ所できるかもしれませんので、決まればお伝えします。)

しっかり気持ちを入れて弾きたいと思います。

今年は、正直音楽どころではなかった。
3月16日に、お客様が誰もいない中でスタートしたくんちゃんライブがもっとも印象的なライブでした。そりゃそうです。余震は続き、電気を使うことがはばかられ、スーパーから物がなくなり、交通混乱も治まっていない中でした。
でも、原点は、「今の自分にできることをやるしかない。」
誰もが自分の原点を見つめなおした1年だったかと思います。

それから数ヶ月過ぎ、音楽がまた生活に戻ってきた今、思うこともたくさんあります。

そういったことを経験した分、音楽の原点を味わった1年になったように思います。
この1年を振り返りながら、音楽するつもりです。

足をお運びいただけるとうれしいです。
一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

★12月3日(土)
くんちゃんライブ
【場所】『焼酎場ぁ~くんちゃん』
 中野区野方5-16-6地下(みつわ通り)
【電話】03-3310-5023
【時間】20:00~ 30分×2ステージ
【料金】\500

★12月17日(土)
長崎ライブ
【場所】長崎駅前『カフェ茶蘭花』
 長崎市五島町1-23
【電話】095-821-1646
【時間】18:00~
【料金】\3000(ドリンク、食事付)
※ご予約は、お名前・人数をこちらまでメール送信お願いします。

★12月20日(火)
福岡ライブ「冬の音景」
【出演】zerokichi / 真辺雄一郎
【場所】『アトリエ穂音』
 福岡市博多区上川端9-35 冷泉荘A31
【電話】070-5534-1114(比佐)
【時間】19:30開場
【料金】\2000(ドリンク付)
※ご予約は、お名前・人数をこちらまで メール送信お願いします。

★12月23日(金・祝)
熊本阿蘇ライブ「冬のほおずき」
【場所】『そば処ほおずき』
 熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3890-3
【電話】0967-62-8140
【時間】18:00~
【料金】\2000
※ご予約は、こちらのHPよりお申し込みください。

| | コメント (2)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »