« 岩手日記 | トップページ | バトン »

2011年6月 9日 (木)

田園

鼻の皮がむけ、こんがり焼けた肌になりました。
健康的に痩せて、両腕の筋肉痛も取れ、ギターはすこぶる調子いいのですが、若干腰に鈍痛が。
無理したつもりはないんだけど、水分を含んだ畳と、大黒柱にやられたかも…(u_u。)

さて。
前回の岩手日記が、あるブログで耳の不自由な方へ向けた情報として紹介していただいてました。

「現地の様子がわかりますねえ。聴覚障害があるとなかなかこういう空気感がわかりません。」

はたと思ったのは、自分の音楽は、耳の不自由な方にとって、どれだけ役に立てるのだろう?ということ。
もし音を聴き取ることが難しい方にこのブログの言葉が少しでも役に立つのなら、本当にうれしいことだな。と思いました。
また、こうして紹介していただけると、うれしいものですね。
これからも音も言葉も大切に表現していかねば。と思います。

そういえば学生の頃、手話をある程度覚えたことを思い出したりもしました。
サークルで簡単な会話をできるようになったくらいで、もうほとんど忘れてしまいました。
指がきれいに伸びて、テキパキと形を変える先生の手を見て「かっこいいなあ」と思ったものです。

歌の歌詞は手話で表現できますが、インストの曲を手話で表現できたら素敵だろうなあ。インストの曲は絵とか光の方がいいかなあ。
そういう視点では、目の不自由な方に絵画や写真を伝えるのに、音楽で通訳できたりしないかな。
芸術を芸術に変換して、芸術通訳、みたいなものができるといいですね。
思いっきり通訳者の主観が入ってしまうと思いますが(笑)
ゴッホの絵は重厚に音を重ねたギター?ピカソの絵はコンテンポラリージャズかなー。

さてさて。
東北で撮った写真は、田園風景と山だけです。
被災地に出向いて、その光景を目の当たりにすると、知らないうちに心にショックを受けてしまいますが、ボランティアセンターの周りの田園風景に癒されてバランスが保てたような気がします。
新緑が美しかったです。
そして鳥のさえずりが、本当ににぎやかでした。
「ひばり」が鳴きながら天高く飛んでいく姿を初めてみましたが、本当に大きな声でにぎやかにさえずりながら飛ぶんですね。もちろん美空ひばりさんを思い出して口ずさみました。

110601_170733
水田に空。奥の建物は馬の納屋。岩手には馬がたくさんいました。
友達になったモンゴル人「おいしそう~。」 「…えっ?!」
110601_173405
新緑がきれい。

110601_170425
遠野の水田。日本の原風景。

110601_171221
あぜ道の花もきれいです。

110601_174615
山の端に沈む夕日。

|

« 岩手日記 | トップページ | バトン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雄一郎くん、きばってきたね。
お疲れさんでした。

自然にやかましゅ言われ、自然に助けらるんな。
ちゃんとせんばいかんちゃろな、人間は。

時間のあったらメシでも行こや。

投稿: オモヤ | 2011年6月10日 (金) 17:34

☆オモヤん
んーにゃ、まーだ何もできとらんけん、また行かんばよ。
そいばってん、なんも嘘じゃなか、本当に墨が背中ば押してくれたとよ。
あん時ん事故も今回の津波も一緒たい、自然の脅威で、冷たか潮ん中で、愛する人達ば残して…。
冷たかったろう…、悔しかったろう…、って涙ん出てさ、人事じゃなかっちゃんね。
自然の力はふとか。
自然に対して謙虚に、っていう姿勢ばよーと考えて生きて行かんばよ。
ええ、夏に帰るて、メシどん食いながら語ろや!

投稿: 学べえ | 2011年6月10日 (金) 20:05

☆オモヤさん
あい~やから!
同年のおもやさんと間違ごーてしもーて、すんまっしぇんでした!!
激励の電話、ありがとうございました!!寒か体育館で話しばできた時は、本当おおいに励みになりました!!
できたことは小さかったですばってん、生月のがんど魂ば込めて作業してきました!
ええ、飯食いながらまたゆっくりお話しさせてくださいo(_ _)oペコッ

投稿: 学べえ | 2011年6月15日 (水) 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩手日記 | トップページ | バトン »