« 龍馬の音楽 | トップページ | ストロベリーライブ再び »

2011年4月11日 (月)

デモ行進

昨日は芝居の稽古場へ移動中、高円寺付近の青梅街道で原発反対デモ行進に遭遇しました。ツイッターで情報が広がったようで、かなり多くの人が参加されていました。女装やコスプレで?な人もいましたが。
ひとりひとりが考えて、行動に移し始めてますね。

大地震から1ヶ月。
今回の大地震は、さまざまな価値観を見直すきっかけになってますが、原発関連もそのひとつ。
人間が近づけないものを扱ってる。
単純に考えて、もともと人間が扱える代物なのかどうか。

でも、そんなシステムの恩恵に預かって得た電力を使っていた自分。
福島の危険な現場で働いている人には頭が上がりません。
どうかみんな無事なまま、早く安定した状態に進んでほしいです。

デモ行進見て、節電を経験した人々が今までの便利社会から節電当たり前の社会に移る覚悟を持ち始めてるように思いました。
風力や太陽光のクリーンエネルギーで節電社会に移りたいとみんな思ってますよね。

社会の流れも考えようで、
便利 → 不便
でなく
行き過ぎ → 当たり前
なのかもです。

夜の地球を撮影すれば、煌々とくっきり浮かび上がる日本。
今の暗い渋谷だって、充分明るいと思います。

災害の想定。という言葉も、地球から生まれた人間が地球の力を推し量るなんて、それ自体が人間の傲慢なのかもしれません。

人間は、地球や自然に対してもっと謙虚で、共存しないといけない存在。自然が荒ぶっている理由も、現代に生きている人で心当たりの無い人はいないんじゃないでしょうか。理由の元にはやっぱり人間の行いがあると思う。

熱波、豪雨、洪水、竜巻、寒波、豪雪、巨大台風、巨大地震…
ここ十数年の流れを見れば、今後もしっかり地球や自然の声に耳を傾けながら、覚悟を決めて生活せねば。これからの時代、覚悟が必要と思ってます。

|

« 龍馬の音楽 | トップページ | ストロベリーライブ再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 龍馬の音楽 | トップページ | ストロベリーライブ再び »