« あれこれ思う。 | トップページ | いっぱい »

2010年11月30日 (火)

映画

自分の中で、タイミングは今かな、と思ってあらためて観てます。
戦争映画。
あんまり好きではないけど。
「プライベートライアン」や「プラトーン」など。

戦争映画はむごいから好きではないけど、やっぱりいろんなことを教えてもらえる。

国の力を示す軍隊っていうものが、尊い命の集まりに見えてきます。
敵・味方問わず、軍人ひとりひとりに、親、子供、友人があり、命のつながりがあり、その人の歴史がある。

対話の積み重ねで平和につなげてほしいです。

映画といえば、さっきBSであった「怒りの葡萄」もよかったなあ。
貧しくとも強くたくましく生き抜く人々を描いていた。
僕も一庶民として、おおいに勇気をもらいました。

時代や立場は違えど、現代もある意味強くなければ生きていけない。

自分はお金や物の生産という価値観だけで極言すれば、おそらく最も非生産的で、経済社会には無益な人間とレッテルを貼られるだろう。
自分が経済至上主義の価値観でないのは、もしかしたら自分が生きるためなのかもしれない。
逆に経済的安定よりも大事にしたい価値観があったから、今があるのかもしれない。
にわとりが先か、卵が先か、よくわからない(笑)

ま、あれこれ考えてもしゃーない。
なんだかんだ言っても、世の中音楽や娯楽という潤滑油がなければ回らないのも事実だ。まだその潤滑油になれてるかどうかさえわからない、半ちくな自分はがんばるしかない!

映画や本で心の畑を耕し続けて、いい音につなげたい。

|

« あれこれ思う。 | トップページ | いっぱい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれこれ思う。 | トップページ | いっぱい »