« 朗読公演 と 赤座組ライブ | トップページ | 今日から朗読公演 »

2010年10月 1日 (金)

乾いた砂漠にオアシスを

親友が作家デビューしました。
その名は「ジョン・ザ・スクリーマー」。
愛と平和を叫ぶ者、ジョン・レノンからの由来だそうです。

彼の処女作「乾いた砂漠にオアシスを」。
1102951349
文芸社。税込み1050円。全国全ての書店で注文可。
電子書籍は、一ダウンロード300円。

児童虐待、精神障がい…
心に傷を負った人たちの懸命に生きる姿。
愛情、希望を得て、前向きに変わっていく姿。
人として、今、何が必要なのか!!
現代社会を生きる人間にとって、もっとも必要なものをうったえかけている作品。と感じました。
登場する人物のあったかい心やひたむきな姿にホロッときました。

物語の中の描写は、まさに自分が児童福祉司をやっていた頃、目の当たりにした光景。
助けを必要としている子供、大人。
いろんなことを思い出しました。

ネットでも販売されてますので、ぜひ読んでくださいね!
過酷な描写もありますが、それもまた目を逸らすことはできない現代社会の真実。
きっと読んだ人の心に深い感動が刻まれると思います。
よろしくお願いします。

そしてもうひとつのメッセージ。
統合失調症患者を特別視しないということ。

作者の彼は統合失調症を患っていますが、堂々と公表しての作家デビューです。
僕はそういった意味では彼を特別視してません。
まだ発症していなかった大学時代、一緒にバカをやって、一緒に夢を見た。その頃も今も何ら変わりなく、これからも変わりなく、の親友です。
そういや、福岡から東京の文芸社に打ち合わせに来た時もうちに泊まっていきました(笑)

人間、生きていれば、いろいろありますよね。

しかし…人生はおもしろい。
まさか友達が作家になろうとは…。
文学部でしたから、まあ、あり得なくはないんですが…
でも、やっぱり、まさかだ(笑)

もうすぐ行われる朗読公演で読まれる「つゆのひぬま」とも相通ずる、どん底の人生をひた向きに生きる人が希望を見出していくストーリー。

好きですわ。

「あんたが報われなきゃ、世の中おかしいよ!!」
そういう、あり得ないような境遇で、がんばって生きている人々がたくさんいるんだ。

いろんなことを思わせてもらって、思い出させてもらって、ありがとう。
の親友の作品でした。

|

« 朗読公演 と 赤座組ライブ | トップページ | 今日から朗読公演 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

今日、この本を読み終えました。
「勝手にストーリーが動きだしました。」とあとがきに書かれていましたが、同じような感覚で一機に読んでしまいました。
サラッと読んだような気がしていたのに、何故か重たい。「重苦しい」というのではなく「重たい」・・「大切」「深い」・・どんな感想がふさわしいのかうまく言えませんが、保育士として仕事をしている私は、目の前の子どもたちが口にできない、意識していない「助けて・・」を察知してあげられているだろうか、と考えさせられました。
小説と音楽、方法は違っても、伝えたいことを表現しているお二人・・応援しています!

投稿: season | 2010年10月22日 (金) 00:42

☆seasonさん
わあ!読んでいただいたんですね!
ありがとうございます~!!
友人も喜びます!!
本当に深い何かを感じさせられる小説ですね。
子どものことに関しては、僕も同じように感じました。
人間なんて大したことできなくてもいい。
愛情を持って他者と関わることを実践する。
その最低限のことが徹底されれば、大人子ども国生き物、何も関係なくみんないい方へ向かっていくんでしょうね。
友人と切磋琢磨して、これからも表現活動がんばります。
本当にありがとうございました。

投稿: 学べえ | 2010年10月22日 (金) 11:18

seasonさん、

読んでくれてありがとうございます!!
そして、これからも、応援宜しくお願いします!!
これで、僕と雄一郎とseasonさんの間に、一つの輪が誕生したのではないでしょうか??連鎖反応で、この輪が地球全てを覆うとき、その時、きっと凄いことが起こると思うのです。
そして、保育士をなさっているという事で、とても羨ましい限りです。僕は、保育士になる夢がありましたが、病気との闘いで、断念せざるを得ませんでした。他の人の子供の命を預かる保育士さん、精神的にも、肉体的にもタフな仕事ですよね。
閑話休題、これからも、日々精進したいと思います。雄一郎には、甘えてばかりで、申し訳ないです。これから体調が良くなれば、映画・ドラム・サッカー等々、色々な事に、プロフェッショナルとして、挑戦していきたいと思っています。
では、ではdash

投稿: ジョン・ザ・スクリーマー | 2010年10月23日 (土) 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朗読公演 と 赤座組ライブ | トップページ | 今日から朗読公演 »