« もんもん→どんどん | トップページ | オフ »

2010年7月26日 (月)

シャンソン

昨日はシャンソンコンサートの伴奏でした。
いつもはジャズとか自分の気に入った曲ばかり聴いていますが、このコンサートの時期はいつも、「シャンソンって、美しい曲がたくさんあるなあ。」と新しい風を自分に吹き込んでもらってます。

一見さんの歌は毎回進化してます。
今回もピアノさんとの協演でした。
ピアノさんとの協演は、音の引き算をしてバランスを合わせることが必要になります。
これがいつもの自分のスタイルとは違うので、もっと鍛えていかねばなりません。

ピアノさんは音域も広く、同時に出せる音が多いので、ハーモニーも音量も豊かです。
そこでギターの役割は歌の合いの手のようなフレーズ、リズム中心のカッティング、高音域の効果的なアルペジオ、曲の盛り上がりでジャカジャカのストローク…となります。
20曲近くを進行に合わせて楽譜をめくりながら次々とやっていく。
今の自分にはまだたくさん勉強することがあるなあ。

自分の創作・演奏活動だけ専門にしてやるのもひとつの道です。
が。
やはりこういった協演も、自分の幅を広げてもらえるような気がします。
葛藤や信頼関係は、自分ひとりだけでは経験できませんからね。

ソロ活動が基本だけど、独りよがりで見識が狭くならないように気をつけなければ!

|

« もんもん→どんどん | トップページ | オフ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いろんな経験が、また真辺さんの音楽に生きてきますねscissors
私は、シャンソンのアルバムはエディット・ピアフを1枚持っているだけです(^-^;

投稿: ムーミン | 2010年7月27日 (火) 14:59

☆ムーミンさん
ええ。
いい経験させていただいとります!
歌姫エディット・ピアフ。
薫り高い優雅な音楽ですよねー!
シャンソンって古いとかストレート過ぎとか印象を持っている方も多いですが、音楽の真髄が凝縮されてるような感じもします。
我がオリジナルにも生かしていきたいです!

投稿: 学べえ | 2010年7月27日 (火) 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もんもん→どんどん | トップページ | オフ »