« LIVEの原点 | トップページ | また一歩 »

2010年3月20日 (土)

まなびや

卒業した音楽学校から時々送られてくる便り。
卒業生の活躍、在校生のがんばり、先生方の変わらない姿にとても勇気をもらってる。
でも今回の便りは、違った。

学び舎がひとつ、時代の流れの中で消えていく。

学費と生活費を深夜バイトで稼ぎながら通い、多くを学んだ。
寝ずに学校に行った時は、意識が落ちて机に頭をぶつけたりしてたな(笑)
汗かき恥かき、音符とにらめっこ。
音の宝探しみたいな、ワクワクした気持ちだったなあ。
メロディ、ハーモニー、リズムを個々に勉強し、個人レッスンやアンサンブルでそれらが密接につながってひとつになって美しく響いた時、なんともいえない感動をおぼえたものです。

でも何より一番よかったのは、音楽と自分の関係をしっかり考えることができたこと。
自分が死ぬまでの人生と音楽をしっかりリンクさせる土台ができた。

音楽と結婚したんです。

…いや、まだ婚約くらい?
…破棄されるかも…(こらー!そんなことでとうするー!)

何でも同じですよね。
本気なのですから。
自分と経験を共にしたり、互いに成長させてもらったりする対象とは、いろんな葛藤があってお互いわかりあって一緒になるものですよね。
まだ結婚したことないですけど(笑)

思い出の場所がなくなるのは、わが身の一部が無くなってしまうかのようでさみしいですが、形としての学び舎はなくなっても、誇りを忘れずやっていきたいです。
そこで育った者としてはずかしくない音楽家にならなきゃいかんです。

|

« LIVEの原点 | トップページ | また一歩 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おぉ~sweat02残念だねぇーweep

イイ思い出も、あーっという思い出も
きっと心の中でいつまでも覚えてると思うよ~っshine

投稿: ハナ | 2010年3月20日 (土) 12:21

☆ハナさん
ショックでした(u_u。)
が!!
思い出と学んだことを糧にして前進するしかないですね!
音楽を広める大河の一滴になって、恩返ししたいですね。

投稿: 学べえ | 2010年3月21日 (日) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVEの原点 | トップページ | また一歩 »