« ふわり | トップページ | 娯楽! 地域ふれあい劇場 »

2009年3月24日 (火)

祝福

今日は、日本中祝福ムードでしょうね!
WBC、サムライJAPAN、本当に感動しました。

知人の老人グループホームでも大盛り上がりだったとか(笑)
痴呆症状のある方も、車椅子の方も、職員さんも一緒になって、涙ながらに一生懸命応援していたとのことです。
そんな話を聞くと、本当に日本全国で盛り上がって、喜んだ一日だったんだなあ、と思います。

野球の醍醐味あふれる、しびれる試合。
日本選手が本当にサムライに見えてきました。
バットが刀に見えましたよ。
個人的に好きだったのは、内川、青木、稲葉、川崎、岩隈、杉内…
結局、全員出てきそうなのでやめときます(笑)

しかし、あらためて感じたのは、世界にもサムライはたくさんいますね。
韓国チームにもサムライはたくさんいて、すごかった。
強いライバルあっての感動ドラマですね。

しびれるような極限状態の中でのプレイ。
そこに出るのは日ごろから体にしみこませた動きだったり、その場での集中力(雑念との戦い)だったり… ほんのわずかな差。
そのわずかな差を本気で命かけてやってるのがプロですよね。
ってことは、その命がけのわずかな差は、実は大きな差なんですね。
自分のギターに対する姿勢を考えても、いろいろ学ばせられるものがありました!
目指せ、ギターザムライ!(芸人?ではない。)

表舞台のドラマには、陰で支えてきた方々のたくさんのドラマもあると思います。
WBC優勝特番の後には、陰のドラマ特番をやってほしいですね。
裏方で支えた人達や敗者のドラマも知りたい。そんな番組作ってほしいな。
WBCをいろんな角度から見たい。と、思いました。

北京五輪の時も同じことを思ったなあ。
今回は結果がともなったから、みんな万々歳ですよ。
でも、五輪の敗戦の時の報道、憶えてますか?
負けを誰かの責任にして、叩いて叩いて叩きまくって…
勝負の世界だから結果がすべて、とはいえ、えげつなかったな。
選手、監督、スタッフ、それぞれを取り巻く人たち、他国チーム…それぞれのドラマを想像したもんです。

勝ち負けで一喜一憂もですが、これだけ世界の人々を盛り上げたWBC参加者みんなに万歳だなあ。

今日の感動を忘れずに、おれもがんばろ!!
みんなに勇気を与えてくれたサムライ達にばんざーい!!
です。

|

« ふわり | トップページ | 娯楽! 地域ふれあい劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふわり | トップページ | 娯楽! 地域ふれあい劇場 »