« 等身大 | トップページ | 屋上パラダイス »

2008年7月25日 (金)

新しい朝

「あったーらしーいー あーさがっきたっ きぼぉーぉの あーさーだ …」
タイトルだけ見るとかっこいいけど、この歌のフレーズを見ると、そうかっこよくなくなるのはなぜなんでしょうか(笑)

そう。
夏の朝といえば、ラジオ体操。
みなさんそれぞれいろんな思い出があるのではないでしょうか。
僕はハンコを押してもらうため、ただそれだけのためにがんばって起きてました。
前もこのブログに書きましたが、音楽は瞬時に当時の記憶を思い起こさせます。この歌と一緒に思い出されるのは「すこし肌寒いとさえ感じるすがすがしい夏の朝の空気」です。ハンコを押してもらうために起きたものの、体操を終えた帰り道では本当にすがすがしい気持ちで帰っていたものです。

今、僕は夜から朝にかけてのバイトをしてますが、最近の朝は、異常な蒸し暑さですね。一番気温が下がるはずの早朝4~5時でも「ムンッ!!」。8~9時ともなると「ムムムンッ!!」。この状態なら、朝から水分補給しながら熱中症対策でもやらなきゃ体操なんてできないんじゃないかと思いますね~。
今のこども達は大変だ。
ラジオ体操の歌には、やはり肌寒いくらいのすがすがしい夏の朝が似合います。
これからのこども達のためにも、みなさんそれぞれ温暖化対策に取り組みましょうね~!!

これに関連して、今の社会の地理の教科書って、どうなってるんだろう?という疑問も出てきませんか?
自分が学生の頃は日本は「温帯モンスーン気候」で年の降水量のグラフも6月を頭にした安定した曲線が描かれていたものです。今も同じグラフが使われて、同じ説明がされているのでしょうか?今は昔の一ヶ月分の降水量が数日で降ってしまうような気候。グラフの通りにはいかない気候になってます。
テストで「日本の気候を答えなさい」と出ても、「異常気象」と答えを書かれれば、丸にするしかないんじゃないかなあ。先生も困る気候だなあ。

東京のビル群にも緑のツタをめいっぱい這わせてクールダウンさせられたらすてきだな。生き物のサイクルができるし、植物管理の雇用創出!一石二鳥どころじゃない(笑)

こども達にすがすがしい夏の朝を!

…と、そんなこんなで、いろいろ思い巡らせたムムムン夏の朝でした。

|

« 等身大 | トップページ | 屋上パラダイス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 等身大 | トップページ | 屋上パラダイス »