« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

アルカフェ ライブ

さて、8月6日の「荻窪アルカフェ」でのライブが近づいております。

http://alcafe.incoming.jp/

「音楽とビールは生に限ります!」

と書かれたお店のあったかい雰囲気のHP… まさにその通りではありませんか!!

夏の暑いひととき、美味しいお料理とビール片手に、まったりとしませんか?

「夏バテには、真辺のギターだな~」と言っていただけるよう、はりきってがんばりますよ~!暑苦しくない程度に(笑)

とてもアットホームな感じのお店で、お料理もお手ごろ価格で提供されております。どうせどこかのお店で飲むのなら、この日はこちらで飲んでください(笑)ミュージックチャージなし、入店チャージ¥500だけですからね!

23席ほどのお店ですので、予約が必要でして、僕に連絡いただければお店に予約を入れさせていただきますので、どうぞご連絡下さい。(このブログからのメールによる連絡は、明日28日から8月3日まで留守にする関係で、お店の方に直接ご連絡お願いします。)

また、アルカフェさんのHP「出演アーティスト」の方からもメールで直接お店に予約できますので、ぜひよろしくお願い致します。

お待ちしております!

僕は明日から長崎に帰って、いくつかライブをやってまいります!

前進あるのみ!楽しんで修行してまいります!

では!

| | コメント (2)

2008年7月26日 (土)

屋上パラダイス

観劇してまいりました。
「屋上パラダイス」
Photo_3Photo_2
お世話になっている役者さん、保倉大朔さんの主宰するアンクルジャムプロデュース公演です。
屋上に住む家族、隣人、飛び降りようとする人達の間で繰り広げられるドラマです。
おもしろおかしく笑わせながらも、「命」について考えさせられる、とてもいいお芝居でしたよ。
7月28日(月)まで、中野であってますので、興味のある方はぜひ!
アンクルジャム
http://unclejam.jp/

一生懸命な人って、すごくかっこいい。

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

新しい朝

「あったーらしーいー あーさがっきたっ きぼぉーぉの あーさーだ …」
タイトルだけ見るとかっこいいけど、この歌のフレーズを見ると、そうかっこよくなくなるのはなぜなんでしょうか(笑)

そう。
夏の朝といえば、ラジオ体操。
みなさんそれぞれいろんな思い出があるのではないでしょうか。
僕はハンコを押してもらうため、ただそれだけのためにがんばって起きてました。
前もこのブログに書きましたが、音楽は瞬時に当時の記憶を思い起こさせます。この歌と一緒に思い出されるのは「すこし肌寒いとさえ感じるすがすがしい夏の朝の空気」です。ハンコを押してもらうために起きたものの、体操を終えた帰り道では本当にすがすがしい気持ちで帰っていたものです。

今、僕は夜から朝にかけてのバイトをしてますが、最近の朝は、異常な蒸し暑さですね。一番気温が下がるはずの早朝4~5時でも「ムンッ!!」。8~9時ともなると「ムムムンッ!!」。この状態なら、朝から水分補給しながら熱中症対策でもやらなきゃ体操なんてできないんじゃないかと思いますね~。
今のこども達は大変だ。
ラジオ体操の歌には、やはり肌寒いくらいのすがすがしい夏の朝が似合います。
これからのこども達のためにも、みなさんそれぞれ温暖化対策に取り組みましょうね~!!

これに関連して、今の社会の地理の教科書って、どうなってるんだろう?という疑問も出てきませんか?
自分が学生の頃は日本は「温帯モンスーン気候」で年の降水量のグラフも6月を頭にした安定した曲線が描かれていたものです。今も同じグラフが使われて、同じ説明がされているのでしょうか?今は昔の一ヶ月分の降水量が数日で降ってしまうような気候。グラフの通りにはいかない気候になってます。
テストで「日本の気候を答えなさい」と出ても、「異常気象」と答えを書かれれば、丸にするしかないんじゃないかなあ。先生も困る気候だなあ。

東京のビル群にも緑のツタをめいっぱい這わせてクールダウンさせられたらすてきだな。生き物のサイクルができるし、植物管理の雇用創出!一石二鳥どころじゃない(笑)

こども達にすがすがしい夏の朝を!

…と、そんなこんなで、いろいろ思い巡らせたムムムン夏の朝でした。

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

等身大

今日はいつもお世話になっている「カフェらいん」でギター愛好家の演奏会がありました。
Photo
「ブルブルくん」(たま画伯作)

ギターが趣味という方々の年に2回ある演奏会なのですが、レベルが異常に高い(笑)
観客席にはプロギタリストの姿も…
もう12回目になるこの発表会。みさなんそれぞれレベルが上がっているし、技術うんぬん以前に、心を感じるいい音を出していました。緊張で震える指から放たれる音、感動しました。音楽のよさ、音楽の原点をみているようで、すごく心地よい時間でした。それぞれ苦心して作ってこられたオリジナルの楽曲やアレンジ曲もよかったです。
参加者のみなさま、おつかれさまでした。いいものを聴かせていただきました。

自分は前回までプログラムに入れてもらって弾いていたのですが、今回から枠外の打ち上げ枠?(笑)で弾かせていただきました。
が!
いい演奏ではなかった。
「はい、このミスも含めて僕ですが、何か?」
くらい言えるようになれば、たいしたもんなんですが(笑)

おごり高ぶっている自分?等身大の自分?過小評価してしまっている自分?
いろんな自分がいるけど、どれが本当の自分なのか。
等身大の自分を見つめるのはつらい時もありますが、今日の僕はまちがいなく等身大の自分だったでしょう(笑)

技術うんぬんもですが、そんなことより、心がともなわない音楽はいかん。
音楽はギターを使った指の運動ではないですからね。

どんな環境でも音楽と純粋に向き合って演奏できなきゃいかんですね。
また前向きにがんばろ!

演奏会に参加されたみなさま、感動をありがとうございました。
おつかれさまでした~!

| | コメント (6)

2008年7月19日 (土)

月星YOGA

念願のYOGAに行ってきました。
詩的な体験だったので、体言止めで(笑)

満月の夜、芝生の上。

ATOM YOGA 人格者のアトムさん。
繰り返される感謝の言葉と、人のいい部分を見つけて褒める視点。

雲の合間から出てくる満月。
土のかおり。
時折、心地よい風。
気づけば、虫の音。
芝生の上で大地に融け、瞑想。
緊張と弛緩を繰り返し、次第に整っていく体と呼吸。

月の引力に引き寄せられて集まった人達はみな、やさしくてすてきな方ばかりでした。
最高に気持ちよかったです。
心と体のケアですね。
YOGAはこれからも続けて自分のものにするつもりです。
音楽にもきっといい影響があると思うので。

ATOM YOGA 〔アトムヨガ〕
http://atomyoga.hp.infoseek.co.jp/

さて、8月のライブも近くなってきました。
精一杯やりますので、お時間作って見に来てくださいね!

| | コメント (5)

2008年7月18日 (金)

紙芝居

今日はですね、「和民ん(かずたみん)」さんの紙芝居を見てきました。

Photo_2
いやあ、おもしろかったですよ!

昭和の紙芝居を題材に、自分流のアレンジも加えて、エンターテイナーっぷりを発揮されておりました。人情モノの紙芝居もあって、これは僕のツボにきましたね~。とってもラブ&ピースな紙芝居でした。加えて、お酒の叩き売り!流暢な口上とともに、どんどん下がっていく値段(笑)焼酎一杯20円での落札には、店長さんの顔もちょっとひきつってたみたい(笑)
お客様を楽しませる、いい意味での「遊び方」というものを学ばせていただきました。
それぞれの分野に芸達者はいるものですね~。

さてその後、帰りに食べたラーメン屋さんで思わぬ幸せが…
Photo_3
食べ終わりの画像で、失礼しました。

ネギちゃん!かわいすぎる!!
ネギが全部この形だったら、世の中もっと幸せだろうなあ…。
なんて思いながら。。

帰りは月を見ながら、いろんなことに思いふけってました。
今宵の月は最高でしたよ!!
Photo
きれいな月をみると得した気分になりますねー。

きれいなまん丸の月を見ながら、自然の摂理に畏敬の念をいだくのでした。
どんなに優れた人間でも、あんなに美しい月は作れない。
青い地球もしかり。
ハート型のネギもしかり。
自然に対する畏敬の念を忘れてはいけないですね。

まとまらない文章でしたが…
とにかく、いい一日でした!

| | コメント (2)

2008年7月15日 (火)

植村直己物語

DVD観ました。
「植村直己物語」
D110933843
よか映画でしたよ~。
僕はなぜか冒険家が好きなんですよね。

週1本は映画を見るようにしてまして、ビビッとくる映画が結構ありますが、この映画もきましたね~。
冒頭からアコースティックギターインスト界の巨匠かつ革命児、マイケル・ヘッジスの曲が流れ始めて「キター!!」と叫んでしまいました。ウィンダムヒルレーベルが音楽を担当していたんですね。びっくりしました。ヒマラヤや北極圏の純白の世界ときれいにマッチしており、映像とギター音楽のコラボという観点からも、いい作品に出会えてよかったと思いました。

植村直己さん。
日本人初エベレスト登頂、世界初五大陸最高峰登頂、北極圏12000キロの単独犬ぞり行など数々の偉業を成し遂げ、冒険家としての栄光を手に入れましたが、その大胆な偉業の裏には劣等感の強い性格や不器用な努力家という一面があったようです。
1986年の映画ですが、植村直己役を若かりし頃の西田敏行、その妻、植村公子役を倍賞千恵子が好演しています。

この映画は、ある意味「植村公子物語」でした。
冒険家を影で支える妻。数ヶ月の冒険の間、ひとりで家庭を支える妻。親の死、流産にもひとりで耐えた妻。行方不明になった夫を想いつづける妻。

いやあ、女性は懐も愛情も深くて、強い。
男性はなんだかんだいっても、子どもな一面があって、弱い。

この映画、いろいろ感じたことはありましたが、本当に一番感じたことは…
女性にはかないません。
です(笑)

| | コメント (2)

2008年7月11日 (金)

その時生まれたもの

今日は、弱った時にいつも僕を助けてくれる、僕の聖歌を紹介しますね。
僕はたぶん生涯この歌に助けられると思いますし、聴く度に自分の小ささや未熟さを教えてもらって励ましてもらえるような、そんな歌です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「その時生まれたもの」 BEGIN

大空に輝く星よりも 小さな島の街灯り
街の灯りが美しい 美しいことを知りました

十人十色であればこそ 瞬き輝きを増す光り
そこに家族が見えました そこに人々が見えました

ああ 自分のために生きるより ああ あなたのために暮らしたいと
その時 灯りが生まれました
その時 灯りが生まれました

明日くるはずの幸よりも 過ぎていく昨日の苦しみが
苦しみのほうが愛おしい 愛おしいことを知りました

一期一会であればこそ 傷つきいたわりを増す心
そこに運命が聞こえました そこに命が聞こえました

ああ 自分のために歌うより ああ あなたのために届けたいと
その時 唄が生まれました
その時 唄が生まれました

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

BEGINには、やられます。
涙腺が、やられます。
人にはそれぞれ、燦然と輝くきら星のような先達がいると思いますが、僕にとってBEGINはそんなきら星のひとつです。

この歌のような気持ちでギターを弾いていたいと、そんな理想を持っているんですが、いやいや、まだしょうもない未熟な僕は本当に人のために弾けてないな、そんなことを思う日々です。
でも、いつかは、100%この歌のような気持ちでギターを弾けるようになりたい!!!

BEGINのこの歌に興味もたれた方、ぜひ聴いてくださいね。

| | コメント (4)

2008年7月 8日 (火)

こころ

3年前、会社を退職したことで社会的ステータスや安定した収入やその他もろもろ手放しましたが、その代わりに手に入れたのは、音楽と向き合う時間、素の自分と向き合う時間です。

今は一日の出来事を振り返って、自分のこころの動きを省みることができる時間的なゆとりもある。内省できるようになったのは、会社を辞めてから。たいした内省はできないけど、してなかった頃より全然ましで、自分の課題がたくさん見えてくるし、どうしたらいいか改善策も考えることができる。

会社勤めの時には毎日を濁流に押し流されるように生活していたように思う。日々のストレスをお酒や遊びで発散して…。それももちろん必要なことだけど、日々のストレスの根本にある自分のこころのあり方や物事の捉え方、性格、自分そのものを見つめる時間もなかった。考える気力も残ってなかったな…。

大切な友達が僕が知らない長い間苦しんでいたことを知って、僕も似たような経験をしていたわけで、そんなことを考えたり思い出したりしました。
精神的健康が簡単に崩されそうになる現代。社会は利潤追求、効率化の中でどれだけ人を大事にできるのか。その体制の中で闘っている人たちはどれだけ周りを、自分を大事にできるのか。どれだけ内省の時間をもてるのか。

昨夜7月7日は天の川が見えるように全国でライトダウンのイベントがあっていましたね。ろうそくの灯火なんかもあって素敵なイベントでしたね。
時には自分の部屋で、ろうそくの灯でゆったりと自分を見つめる時間もあっていいと思います。
地球が悲鳴をあげ、物質経済至上主義の限界が見えはじめて、時代の転換期にさしかかっていますが、これを期に地球にもこころにもやさしい時間を持てるような社会システムに向かってほしいですね。

友達には、元気になってもらいたいですね。
アロマキャンドルをプレゼントかな。

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

夏ですね

今日は入道雲も出て、蒸しっとした天気。
夏ですね。

季節は瞬時にその季節のいろんな思い出を思い出させてくれますよね。
故郷の海の感覚、磯の香り、髪に残る塩の結晶、夢中になって見つけたサザエ…
さわやかな山の感覚、しびれるようにつめたい川でのヤマメ釣り、夢中になって追いかけた蝶々…
蒸し風呂状態の部室でのバンド練習、天空を感じさせる富士山…
かなり個人的な思い出を書いてみました(笑)
富士山はこの3年毎年登ってますが、今年は日本アルプスに出かけてみようかと思案中です。

瞬時になつかしい頃に連れて行ってくれるっていうのは、音楽も同じですね。
いつかこの曲を聴いたら、今年の夏を思い出すような、そんないい経験、思い出を作っていきたいですな。

さて、こっそりライブ情報を更新してます。
8月の予定ですが、お時間ある方は遊びに来てくださいね。
7月はちょっと今までとは異なったかたちで、新たな経験を積む予定です。(演奏する場所はお店だけではないですからね。)
では!

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »