« 新緑 | トップページ | 忘れた頃に »

2008年4月30日 (水)

不都合な真実

観たい!観なければ!
と思っていた作品(DVD)を、今頃やっとこさ観ました。
すでに観られた方も多いとは思いますが…
「不都合な真実」
Photo
こりゃもっと早く観るべきだったな。。

なんかタイトルだけ見たら、不倫だの浮気だのいうドロッとした昼下がりのドラマを連想しがちですが…そんなもんじゃありません(笑)

アル・ゴア(アメリカ元副大統領)氏の地球温暖化に関する報告・起こすべき行動を訴えかけるドキュメンタリー映画です。
この映画をきっかけに彼はノーベル平和賞を受賞しましたね。
科学的なデータに基づいて、多面的に温暖化や異常気象を関連付ける説明には説得力があり、大きな変化が起きている全世界の写真を用いて、誰に対してもわかり易く、今すぐに何か行動を起こさなければならないと考えさせる。
これはノーベル平和賞をもらってしかるべきすばらしい環境啓蒙活動をやっているな、と思いました。

熱いお湯に入れられたカエルはびっくりして飛び出そうとするけど、ぬるま湯に入れられてじわじわ温められるカエルは逃げず、知らず知らずのうちに死を迎える。
今の人間も同じではないか?
この映画はそんな人間(僕)に熱いお湯をひっかけてくれました。

身の回りにもすでに起きている変化。
台風の巨大化、サンゴの死滅やクラゲ異常発生などの生態系変化、真夏日の異常な増加、毎年更新を続ける最高気温、新たな病原体の発生…
日本だけでもこんなに変化がある。
世界では40度を超える熱波、氷河や永久凍土の融解、大洪水、海水面上昇による国土の消失、乾燥による大規模森林火災…

異常気象が当たり前のようになってる。
でもそれを当たり前と思って、何も変化を起こさなければ、カエルと同じですね。
毎年のように起こる異常気象はやっぱり「異常」なんですよね。

これは政治の問題でもある以上に、個人のモラルの問題。
今すぐ行動しはじめなければ!
子供や孫の世代に「あなた達の世代は何してたの?何を考えてたの?」と言われないよう、小さなことから行動しはじめないといかんですね。僕も遅まきながら、行動はじめました。
http://futsugou.jp/takeaction/index.html

地球に住む人、みんな観てほしい。
お子さまがいる家庭はお子さまも一緒に。

|

« 新緑 | トップページ | 忘れた頃に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画、去年のWorld Environment Dayに
シアターで無料で上映してたんだけど、仕事で行けなかったのです。
その後、レンタルショップに行っても見かけなくって、まだ観れてません。
環境問題はまず自分でできることからやるしかないですよね。
子供たちの未来のためにも!

投稿: 穂持村 | 2008年4月30日 (水) 08:02

☆穂持村さん
このドキュメンタリーはぜひぜひ観てくださいね!(ヨーロッパに氷河期が訪れる可能性も紹介されています。)
子孫に顔向けできないような経済状態に環境。。でも絶望するのではなく、できることからこつこつと。ですね。
脱贅沢!脱消費!の時代ですね。

投稿: 学べえ | 2008年4月30日 (水) 22:25

わたしも
みたいと思いつつ、まだみていませんでした。

小さなことでも意識をかえなきゃって
会社で無駄な電気消したりしているけど、、、

ハチドリ状態です。。

投稿: pirouette | 2008年5月 1日 (木) 02:37

☆pirouetteさん
山火事を消そうとするハチドリの小さな一滴が見直される時代だと思います。
ホテルのフロントも深夜は暗めにして節電してます。家では冷蔵庫の温度を弱めにしたり、空調を使わない工夫を…。
行動しなきゃ、カエルになっちまう!
これからも行動を続けましょうね。
(余談ですがゴアさんの英語はとっても聞きやすくて、DVDはいい英語の勉強にもなりますよー!)

投稿: 学べえ | 2008年5月 1日 (木) 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑 | トップページ | 忘れた頃に »